• Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu06
ホーム >> 施設案内 >> 塩田・塩の資料館 >> 北浦月の塩ができるまで

北浦月の塩ができるまで

北浦月の塩ができるまで

塩完成

1.左の釜でボイラーを使って5時間荒炊きし、隣の2つの釜で薪を使って12時間ぐつぐつと煮詰めます。

月の塩行程

2.薪釜に荒炊きの海水を継ぎ足して濃度を濃くします。

塩田海面

3.よくかき混ぜることによって粒子が細かくなり、ミネラルが塩に多く含まれるようになります。

4.あく(石灰質)を丁寧に取り除くことによって、まろやかな塩が出来ます。

5.約12時間煮詰めたら塩の結晶が現れてきます。それを竹ざるにすくいます。

塩すくい

6.水分が含まれているので、水分を切るため竹ざるに入れて1日置きます。

%e5%8c%97%e6%b5%a6%e5%a1%a9%e8%81%b7%e4%ba%ba

7.その時に出る雫が「にがり」です。

8.竹ざるでは水切りが不十分なので、床が斜めになっている居出場に移しゆっくりと「にがり」を取り出します。

9.ふるいにかけて石灰質や荒塩・不純物等を取り除き、さらに手作業で細かな不純物を取り除き、塩の大きさを揃え袋につめます。

塩ふるい

10.じっくりと時間をかけて作った逸品です!
ぜひ使ってみてください。

お問い合わせ

道の駅 北浦
〒889-0301 宮崎県延岡市北浦町古江3337-1
TEL.0982-45-3811 / FAX.0982-45-3825